映画『主戦場』は慰安婦問題をどう捉えたか ミキ・デザキさん 池田香代子の世界を変える100人の働き人 20人目

スポンサーリンク
映画『主戦場』は慰安婦問題をどう捉えたか ミキ・デザキさん 池田香代子の世界を変える100人の働き人 20人目

こじれにこじれた日韓関係、なかでも戦争中の従軍慰安婦をめぐっては、双方の政府や市民社会の主張や行動がぶつかり合うたびに、解決からはますます遠ざかる様相を呈しています。慰安婦問題はどのような経緯で「問題」となったのか、どのような人がどんな論を展開しているのか。日系二世の若きユーチューバーが、公正さと共感力でこのタフな戦場(バトルグラウンド)に挑みます。映画「主戦場」は4月20日より東京を皮切りに全国18館(4月16日現在)で公開予定。

映画『主戦場』公式サイト
http://shusenjo.jp/

ミキ・デザキ監督のYouTubeチャンネル『Medama Sensei』
https://www.youtube.com/user/medamasensei

コメント

ニュース動画まとめアンテナ