僕は「群馬の島倉千代子」 内気な高3がマイクを握る

スポンサーリンク
僕は「群馬の島倉千代子」 内気な高3がマイクを握る

演歌歌手の島倉千代子さん(1938~2013年)になりきり、高齢者施設で慰問コンサートを続ける男子高校生がいる。人呼んで「群馬の島倉千代子」。人生の先輩の手拍子と笑顔を支えに、マイクを持ち続ける。
 群馬県安中市嶺の特別養護老人ホーム「明嶺荘」で11月下旬に開いたコンサート。県立安中総合高校3年の荻野拓海さんが黄色の着物姿で現れた。東京・浅草で5千円で買った衣装。着付けも自前だ。1曲目は島倉さんのデビュー曲「この世の花」(1955年)。島倉さん特有の震えるような高音も再現する。

コメント

ニュース動画まとめアンテナ