《予告編》リアリティ番組「テラスハウス」で起きた“強制わいせつ事件”示談書を確認

「週刊文春」公式チャンネル
スポンサーリンク

《完全版》は「週刊文春デジタル」で公開中
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/video

“恋愛リアリティーショー”のパイオニア的番組「テラスハウス」。

通称“テラハ”は、2012年10月にフジテレビでスタート。現在も若者に大人気で、軽井沢を舞台にした第6シーズンがNetflixで放送されています。

2014年12月、番組撮影中に“事件”は起きました。加害者は「てっちゃん」の愛称でお馴染みの俳優・菅谷哲也(24)

菅谷は恋人がつくれない純朴な癒しキャラです。

2015年公開の映画「テラスハウス クロージングドア」で菅谷はA子さんに恋をするのですが……。

「テラハの撮影中は必ずしもシェアハウスにいなくてもいい。ある程度は撮影時間が決まっているので、帰宅・外出の自由があるんです。その日の夜はカメラが止まっていて、スタッフもハウスにいませんでした。菅谷は誰もいないのをいいことに、A子さんが眠る寝室に入り込み、突然襲いかかったそうです。抱き付き、胸を触り、キスをして、A子の服に手をかけて……。A子は興奮する菅谷をどうにかなだめ、事無きを得ました」(A子さんの関係者)

本映画公開の翌年、A子さんは芸能界を引退しました。引退間際の3月、A子さんは〈酷いことされて実家に帰って家から出れなくなった時期があったのね〉〈夜はベッドが怖くて車で寝たりしてた〉と“事件”を示唆する内容をブログに書きこんでいます。

「菅谷はプロデューサーに呼び出され、事実を認め、謝罪。その後、A子さんと菅谷の間で示談が成立し、わずかな示談金が支払われました。菅谷や番組サイドは“事件”が公になることを何よりも恐れて、示談書には“事件”について口外しないことが書かれていました」(A子の関係者)

 示談の後、菅谷がブログに書き込んだ“謝罪文”がこれです。

〈22年間生きてきましたが、自分のとった行動で相手を傷付けてしまうこともあるんだと気付きました。人を傷付けてしまうことがこんなにも辛く苦しいとは思いませんでした。よほど自分に驕りがあり、過信していたのだと思います。許されることではないかも知れませんが、今の自分にできることはこれからは悔い改め、自分よりも相手を第一に考え、誠実に生きていきたいと思います〉

 後日、菅谷の当時の所属事務所に事実確認を求めましたが、「菅谷哲也氏については、既に当社に所属しておらず、ご依頼の取材は、申し訳ございませんが、お受けすることはできません」と回答。現在の所属事務所は「一切、事実無根と回答させていただきます」と書面で答えました。フジテレビの企業広報室は「撮影時以外の出演者の行動に関しては、お答えする立場にございません」と回答しました。

 菅谷への直撃の模様などを収めた関連動画もご覧ください。

コメント

ニュース動画まとめアンテナ