《予告編》「魔王」と呼ばれたカリスマ・プロゲーマー「かずのこ」に密着

「週刊文春」公式チャンネル
スポンサーリンク

《完全版》動画は「週刊文春デジタル」で公開中!
http://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/video

世界的に話題となっている「e(エレクトロニック)スポーツ」業界で注目されるプロゲーマー、「かずのこ」こと井上涼太選手(30)に「週刊文春デジタル」取材班が密着取材しました。毎日12時間以上の練習をこなし、神経を研ぎ澄ませるために食事も少量ずつ摂るという、ストイックなプロゲーマー生活を送っています。

 アマチュア時代、池袋や新宿界隈のゲームセンターで、「魔王」と恐れられていた井上選手ですが、2015年にはアメリカ・カリフォルニアで開催された世界大会「カプコンプロツアー」で優勝し、賞金1500万円を獲得。その驚異的な強さが注目され、各企業からのスポンサー契約の話が舞い込み、3年前にプロゲーマーになりました。

 毎日、朝5時に寝て、昼12時に起きる生活。オンラインでの対戦相手が多くなる深夜から朝方の時間帯がもっともトレーニングに適しているといいます。夕方からトレーニングを開始しますが、食事以外はほとんどゲーム漬けの毎日です。

「僕は必ず7時間は寝るようにしています。そうしないと集中できなくなってしまうので。あと、満腹になると集中力が切れるので、少しお腹が空いている状態を保つようにしています。大会の日は糖を摂取するためにチョコレートをかじるだけですね」(井上選手)

 格闘ゲームで大技を繰り出す圧巻の練習風景や、プロゲーマーとしての心得を聞いたインタビューなどを収めた《完全版》動画を「週刊文春デジタル」で公開中。中高生時代からフリーター生活を経て、プロゲーマーになった経緯などを詳しく振り返ったオリジナル記事も同サイトにアップしています。

コメント

ニュース動画まとめアンテナ