男子生徒がすい臓断裂 市教委 いじめの可能性 否定せず 伊豆の国市

スポンサーリンク
男子生徒がすい臓断裂 市教委 いじめの可能性 否定せず 伊豆の国市

伊豆の国市立韮山中学校で、3年生の男子生徒が別のクラスの男子生徒に投げられるなどして、膵臓断裂の大けがをしたことがわかりました。
 伊豆の国市の教育委員会によりますと、韮山中学校で5月22日、昼休みに3年生の男子生徒が別のクラスの男子生徒に、柔道の体落としのように投げ飛ばされた後、かかとで腹部を踏みつけられました。投げられた生徒は腹痛を訴えて保健室で横になりましたが、その日は部活動に参加して帰宅しました。しかし、夜になって病院に救急搬送され、手術で膵臓の3分の1を切除したということです。現時点で退院までは2か月ほどかかるうえ、10年以上の外来治療が必要だということです。教育委員会は2人は口論となった後、暴力があったと説明していますが、いじめがあった可能性は否定せず、必要ならば第三者委員会を設置するとしています。

SBSnews6
スポンサーリンク
newschをフォローする
Youtubeで見るハイクオリティ最新ニュース動画まとめ

コメント

ニュース動画まとめアンテナ