秀吉も見物した名所「野田藤」見頃

Yomiuri Online 読売新聞
スポンサーリンク
秀吉も見物した名所「野田藤」見頃

大阪市福島区の野田地区周辺で、「野田藤」が見頃を迎えている。約20か所の藤棚で紫の房が垂れ下がり、訪れる人の目を楽しませている。見頃は今月下旬まで。野田藤は鎌倉時代に地域に自生しており、江戸時代には童歌で「吉野の桜、野田の藤、高尾の紅葉」と歌われ、名所として全国に知られるようになった。1945年の大阪大空襲で壊滅的な被害を受けたが、戦後、地元の人たちの手で少しずつ増やされ、現在は住民でつくるボランティア団体「のだふじの会」が手入れをしている=落合雅治撮影 2018年4月20日公開

コメント

ニュース動画まとめアンテナ